2010年09月30日

10/1〜12/12 雛のつるし飾り祭り

P1090054.JPG

伊豆稲取では、古き江戸自体後期から伝わっていた「雛のつるし飾り祭り」がございます。当時、雛飾りは庶民の家庭には極めて高価な物であり、せめて娘の初節句を祝おうと手作りの飾り始めたと言われております。

稲取独自の美しい伝統として、平成10年度より雛のつるし飾り祭りとして大々的に復活。以降はTVに紹介されたり、静岡観光大賞にも選ばれるほど、稲取の名物行事となっております。

雛のつるし飾りは1〜3月の、川津桜のシーズンとセットだと思われがちですが、メイン会場の「文化公園 雛の館」では10月1日より12月12日まで、雛のつるし飾り祭りを見ることができます。

私も本日拝見に伺いましたが、館内にあたり一面広がる多数のつるし飾りに圧倒するばかりでした。九州柳川地区の「さげもん」、山形酒田地区の「傘福」、そして伊豆稲取の「雛のつるし飾り」の日本3大つるし飾りや、デフォルメされた動物の飾りを中心にした可愛らしいつるし飾り、雛壇の周りに多数、豪華にかざられたものや、天井まである長いサイズの迫力あるつるし飾りなど、実にさまざまなつるし飾りを見ることができました。

残念ながらとても写真数枚では収まりきらないため、ほんの一部しかお見せできませんが、沢山ある他のつるし飾りは、ぜひ稲取へお越しいただいて、お客様ご自身の目でお楽しみいただければと思います。
水生の庄では割引入館券も販売しております。雛の館へ行く前にお泊り頂いた場合は、ぜひお声をおかけください。
P1090006.JPG
posted by T at 20:22 | TrackBack(0) | 季節のイベント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41025758
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック